Text Size :  A A A
|  News  | Blog |  Exhibitions  |  Monuments  |  Others  |  Profile  |  Contact  | Movie |
Img_3f9c421dbedbfe34efccb2103bfc55cb864ccf40
Img_69831c1d1ef420c2e30eb169a771877241d8faa1
宮城県大崎市にてある店舗のショーウィンドウを制作しました。
奥行きが80数センチしかないスペースに極端なパースを付け
半立体のレリーフのような技法で奥行きを出しました。
普段の研究とはまったく違う空間演出でしたが大変勉強になりました。
人の視覚、視点というものが少しですが知ることが出来ました。

西武ドームでの作品は以下のページに詳しく書かせていただいています。

 (Click!) 

併せてご覧下さい。
Img_9a0d815ed43b0f1aaaa2e18ffe323c5c259c7d0c
Img_170db210c657caf8e733b1ccb5518f1d1dd1a60d
5月29日に福岡で行われていた巨大看板画のコンクール授賞式に行ってきました。
主催のワクワクコミュニケーションズさんにご招待いただき楽しいひと時を過ごしました。
僕は数名の佳作賞の受賞者の一人で写真の左端に掲示していただいている作品を出しました。
コンクールHPから見ますと作品No,05「そら色 of a day」という作品です。

 (Click!) 

コンセプトにも書きましたが絵そのものを眺めてもらうという作品ではなく
後ろに広がる本物の空を愛でてもらうためのツールであるという考えです。
そのため審査時の小さな画面では理解してもらえないのではないかと思っていました。
しかし実際には一番最初に入賞に決まった作品だと言っていただきました。
審査員、実行委員の方々にも面白いと褒めていただきました。
普段立体物ばかり作っている僕にとっては驚きの評価でありましたが
今後新たな表現の可能性を持てるきっかけになると思います。
関係各位の皆様に感謝です。

このような商業性を排除した芸術活動が一企業の主催で行われたことも大変有意義ですし
授賞式で初めてお会いした実行委員の方々がとても充実した表情をされていたことが
一作家としては何よりも喜ばしいことでした。
心強い同志に出会えたような気持ちです。
別に僕が選ばれなくてもいいんです。
このような活動がもっともっと増えて楽しい地球になっていくことを祈ります。
そのために僕自身も作ること、伝えることを同時に考えていこうと思います。